犬の無駄吠えをやめさせる方法

吠える飼い犬に困っている…そんな悩みをお持ちの方におすすめのしつけ方法について解説しています。

TOP PAGE > ピアノやバイオリンの音楽に合わせて吠える犬は多い 吠える理由について

ピアノやバイオリンの音楽に合わせて吠える犬は多い 吠える理由について



ピアノ演奏していると、必ずと言っていいほど吠える犬。

同じような経験をされている方は少なくはなく、自宅で楽器を演奏されている方は、毎回吠える犬に不思議に思われたことがあるかもしれません。

私自身も、ピアノ演奏中に飼い犬が吠えているのを聞いたことが何度もありますし、自宅の電話のメロディーに合わせて犬が吠えるのも聞いたことがあります。

吠えるというよりは、なんとなく音に合わせて歌っているような感じに聞こえるのですよね。とても不思議です。

しかしなぜ、特定の音が聴こえると吠えるのでしょうか?




音がうるさいから吠えている

犬は聴力が優れています。
ですので、大きな音を嫌う傾向にあります。

犬のなかには、チャイムや掃除機など大きな音に吠える犬も少なくはありませんが、多くは警戒していたり不快に感じているからで、もしかすると楽器の大きな音がうるさいと感じて吠えているのかもしれません。

ワンワンと威嚇するような吠え方をしていたとしたら、その音が嫌だと感じている可能性があります。



仲間の遠吠えと勘違いしている

犬の祖先ともいわれる狼は、獲物を捕獲した時や、遠くにいる仲間と合図を取る場合などに遠吠えをする事があります。

現代の犬は野生の動物とは異なるものの、オオカミの性質が残っており、、もしかしたらピアノなどの楽器の音を仲間の遠吠えだと勘違いし、吠えて返している可能性があります。

この場合の鳴き声は、ワンワンと威嚇するような乱暴な吠え方ではなく、「ワオーン」という遠吠えのような鳴き方であったり、歌っているような感じに聞こえることも。

楽器演奏中に吠えている犬がいらっしゃる方は、犬が吠えるタイミングなどを注意して聞いてみてください。

例外もありますが、同じ音色の部分で遠吠えをする犬や、必ずこのタイミングで吠える・・なんてパターンが見つかるかもしれません。



飼い主と遊んでいると思っている

犬は楽器の大きな音が嫌なのではなく、また仲間の声と勘違いして吠えて返しているのでもなく、ただ単に飼い主さんと遊んでいる気持ちで吠えているのかもしれません。

犬は飼い主さんと遊んだり、何らかのコミュニケーションを取るのが大好き。ピアノを弾き始めたら、遊びが始まったのだと勝手に勘違いし、側にやってきて吠える場合もあります。

不快な感じの吠え方でなければ、犬の方を向いて声をかけるなどして、一緒に楽しんであげるとよいでしょう。気にかけてもらえていると分かれば、さらに喜ぶはず。

ただし、嬉しくなりすぎた犬がはしゃいで騒音になってしまわないように気を付けましょう。




どうしても吠え止まない…そんな場合には無駄吠え防止グッズの利用も検討しよう

いろいろやってみたけれど、一向に吠え癖がなおらない…そんな方におすすめしたいのが、無駄吠え防止用のグッズ。

グッズと一口にいっても様々なタイプがありますが、その中でも特に効果が期待できるという点で人気の高い「無駄吠え防止首輪」をご紹介します。

いますぐ吠えるのをやめさせなくてはならない。
そんな飼い主さんにおすすめです。

無駄吠え防止首輪「ワンブル」



すぐに犬の無駄吠えを何とかしなくてはならない、なんて方におすすめの無駄吠え防止用の首輪「ワンブル」。

犬が触れられると不快に感じやすい首付近に、警告音や振動、電気(静電気)の刺激を与え、驚かせて吠えるのをやめさせます。

電気というと怖い印象がありますが、静電気程度の刺激であり、犬に痛みはありません。

また、音や振動といった機能で十分に効果があるため、よほど犬が興奮して周りの声が聞こえなくなっているのではない限り、音や振動で十分でしょう。

もともとは吠え癖をなおすために開発されたグッズですが、それ以外のしつけにも効果があると多くの飼い主さんに高評価を得ています。

キャンペーン実施によってかなり安くなっていることがあるため、購入するならキャンペーン実施時がお得です。


・音や振動、静電気などを使った、複数の機能を持つ無駄吠え防止首輪
・小型犬から大型犬まで幅広い犬に利用できる
・必要なものはすべて同梱
・購入してから1カ月間の安心保証付き
・180日間のメールサポート
・全国送料無料・代引き手数料無料










サイト概要


Copyright (C) 2018 犬の無駄吠えをやめさせる方法 All Rights Reserved.

TOP
PAGE